テレフォンセックスの基本

基本

インタ−ネット上でコミュニケ−ションを図る以上、断じて無視してはならないのがマナ−なのです。
テレクラに於いては利用者側が「客」という優位な立場となりますが、それでも必要最低限のマナ−を忘れてはならないのです。
何より相手してくれるのは、一般素人の若い女性なのですから。
まずはチャットル−ムへの入室と退室時の挨拶を欠かしてはなりません。
入室に際しては短く一言「こんにちは」「はじめまして」だけでも十分ですので、挨拶を欠かさない事は常識として厳守しましょう。
当たり前の事を行うだけでも、女性がアナタに抱く印象は全く異なって来ます。
堅苦しい自己紹介は不要ですが、年齢、趣味、職業の分野程度は伝えておいて構わないかと思いますし、これらが会話のネタとなる事にも繋がります。
そして複数の利用者が集うパ−ティ−チャットに於いては、自分以外の参加者に迷惑を掛けない事を徹底せねばなりません。
自分だけが延々と独演会状態になったり、その場の雰囲気を壊すような言動はNGです。
更には暴言、大声を上げるなどといった迷惑行為は許される事ではありません。
時折酒に酔った利用者に遭遇する事がありますが、これも許容される事とは言えませんので、テレクラに際しては飲酒は控えるもマナ−です。
アダルト系サ−ビスを楽しむ際には、過剰にマナ−を意識しなくても構わない場面もありますが、それでも常識を逸脱してはなりません。
女性に脱衣行為を強要する、プライバシ−に関する質問を重ねるなどが過ぎると、強制退室(=キック9処分を喰らう事にもなり兼ねませんので、
あくまで「節度」の範疇内で楽しむ事を忘れないで下さい。

テレクラの始め方

始め方

テレクラを開始するに際しては、とりわけ専門的な知識や技術は不要ですので心配はありません。
インタ−ネット環境が整ってパソコンが手元にあれば、誰でも簡単に利用出来るサ−ビスなのです。
ですがパソコンが旧型の場合、動作に難が生じる場合もありますので、出来れば発売から5年以内の新しいパソコンを用意して頂きたいと思います。
また古いタイプのパソコンでも、パ−ツを交換する事で対応が可能で、快適な利用を楽しむ事が出来ます。
そしてインタ−ネット回線は光回線が1番のオススメです。
校則ブロ−ドバンド回線と称されるこの回線を用いず、旧来の低速回線を利用すると、サ−バ−が混雑する夜間などにはラグが生じる可能性があります。
目安としてユ−チュ−ブなどの動画サイトが円滑に閲覧出来るレベルの回線が必要でしょう。
そして音声でのコミュニケ−ションを希望するのであれば、パソコン接続用のマイクもしくはヘッドセットを手元に準備しましょ。
安価な商品なら1000円程度で購入出来ます。
また双方で顔を観ながらのチャットを希望するなら、パソコンに接続対応出来るWEBカメラを準備しましょう。
このWEBカメラはまだ利用しないユ−ザ−の方が圧倒的に多く、絶対に準備せねばならない機材ではありませんが、
最近はマイクやWEBカメラが最初から内臓されたパソコンも数多く販売されていますので、手元のパソコンの使用をまずはチェックしてみて下さい。
ちなみにパソコンはノ−ト型でも大丈夫ですが、よりディスプレイが高画質高性能で大画面の方がベタ−です。

ルールとマナーについて

ルールとマナー

テレクラはコミュニケ−ションを目的とするインタ−ネット上のツ−ルですので、相手を常に思いやる心配りとマナ−遵守が大前提と言えます。
入退室に際しての挨拶は当然の事ですし、粗暴な言動もNG行為です。
肩肘張らない親しげな会話と、礼儀を無視した粗野な言葉遣いは全くの別物なのですが、時にこれを誤って混同している利用者も見掛けます。
こうした男性客はチャットレディにとっては厄介この上無い存在ですから、いくら客の立場といえど、女性に深い嫌悪感を伝える権利はありません。
中でも下ネタ関連の話題は、大半の女性は嫌悪感を抱きます。
仕事ですから表向きは無理に笑ってくれますが、精神的には非常に負担を強いられているのが常ですから、アダルト系はさて置き、
ノンアダルト系での下ネタは控えるのがマナ−なのです。
そして複数の利用者が会するパ−ディ−チャットで問題となるのが迷惑行為で、1人だけが延々と独演会状態だったり、
泥酔して意味不明な言動に及んだりと、他の参加者への配慮が全く見られぬ存在も、残念ですが確認されています。
度が過ぎたル−ル違反の悪行に対しては、強制退室更にはアクセス禁止処分が課される事となります。
中でもチャットレディのプライバシ−侵害となる、性的行為や会話の強要などの嫌がらせに対しては、厳罰処分が為されます。
断じてこのような愚行に及んではなりません。

女性のプロフィールを確認しよう

プロフィール

テレクラサイトには数え切れない程のチャットレディが登録在籍しており、中でも大手サイトであれば常に数百人のチャットレディがイン状態となっています。
これは実際にテレクラを行うと確認出来る事ですが、そんな状況下、自身の好みにマッチした相手を選択するのは結構大変な作業となります。
アダルト系であればルックス重視の第一印象で選んでも大丈夫で、その理由はサ−ビスのメインと利用者の目的が映像に在るからです。
ですがノンアダルト系の場合、お喋りを楽しむ事が目的ですので、会話の波長がマッチする相性の良い相手を選択する必要が生じるのです。
だからこそ実際に会話してみて相性を確認する事が大切となりますが、これには利用料金が発生します。
1人当たり5分ずつ試しに会話してみても、10人と会話すると数千円相当のポイントを使う事となりますから、決して安価な先行投資とは言えません。
ですがチャットレディのプロフィ−ル閲覧は無料で可能ですから、こちらを参考にすると経済的です。
ちなみにプロフィ−ルには女性の年齢、趣味、血液型、性格面などの情報が記されていますが、あくまで女性自身の自己申告の内容ですから、
その辺りは差し引いて冷静に判断する姿勢が求められます。
そしてチャットレヂィの中には自らブログを開設している女性もみられますので、こちらも人物像を確認する参考となるので閲覧してみましょう。
そしてテレクラサイトの中にはメ−ル機能を搭載しているサイトも多く、大半が無料で活用出来ますので、
最初は気になったチャットレディとこちらを用いてコンタクトを図るのも一案です。

相手の心を掴む会話術

会話術

ノンアダルト系テレクラの醍醐味といえばやはり、会話で盛り上がって楽しめる事だと言えます。
実際には客と従業員の立場同士ですが、それでも可能ならチャットレディを笑い転げさせたいと思いませんか?
そして自分自身も喋っている事自体が楽しくて心地良くなれれば尚更満足出来る事でしょう。
ですが相手を「笑わせる」事は簡単ではなく、そこにはセンスが要求されますし、それなりの経験値も必要です。
お喋り好きな男性であれば苦にもならない事かも知れませんが、チャットレディとの年齢世代や性格の違いが要因で、
思うように話の接点が見出せず噛み合わない場面もあるかと思います。
このように笑いを起こす事は簡単ではありませんが、それでも「楽しい会話」は決して難しい事ではないのです。
我々が注意すべきなのは、笑いと楽しさを混同しない事なのです。
男性利用者の中には「女性を笑わせねばならない!」と脅迫観念を勝手に抱いてしまい、ダジャレとジョ−クのオンパレ−ドに走る人も見られます。
とりわけ年配者にこの傾向が顕著ですが、実際には殆どのそれらは「滑って」いる訳で、当人が気づいていない分だけ状況は酷い事となっているのです。
誰か周囲に思い当たるそんな存在、今浮かんでいませんか(苦笑)?
重ねて申しますが、笑いが溢れていなくても「楽しい会話」は十分に楽しめるのです。
例えば共通する趣味に関して語り合うのもアリですし、個人的な情報を交換するのもメリットがあります。
親密度が高い会話が出来れば、双方の心も惹かれ合って親近感を覚える事に繋がるのです。
ここでは「共感」を意識しましょう。
女性の中には、自らがこの「共感」を確認感じる事が出来れば、話の中身自体は別に何だって構わないと思う人が意外に多いそうです。
実際女性同士の会話に注目してみると、話の内容云々よりも「相手からの同意を取りつける事」が最重要課題となっているのがよく分かります。
こうした女性特有の心理を理解出来ていれば、相手の心をグリップしてしまうのは決して難しい事ではありません。

Copyright© 2014 人気のテレフォンセックス案内【devo-tech】 All Rights Reserved.